脳と心の研究所(略して、のうここ)とは

脳科学の専門家である柳本剛志と、
心理学の専門家である奈良輪侑亮が
「より幸せに生きること」に関する様々なことを研究し、
それらの知識を元に講演会や講座を主催する場所です。

 

“のうここ” の魅力

①知識の豊富さ
臨床心理学、脳機能学、脳認知学、催眠、洗脳、哲学、宗教、スピリチュアル、宇宙、量子力学、言語学、自己啓発、成功哲学、ビジネスetc…
講師陣の知識は非常に多岐に渡ります。

いわゆる究極の《人生オタク》です。

私たちは一つの学問を極めるために、あえてそれ以外の学問を学ぶという方法で、一つの学問と向き合ってきました。すべての学問はひとつなのです。
知識において、圧倒的な自信があります。

 
②実践重視であること
大学で教鞭をとる、大学院で博士号を取得する…
そういったことアカデミック重視は非常に価値があります。

しかし、私たちは事件は現場で起きていると考え、常に自分の現場で自分の実力を磨くことを大切にしてきました。

コーチが見てきた“生きざま”までしか人には伝えられないからです。

 
③講師が若い
現代はテクノロジーの発展やwebのおかげで非常には早く、社会のあり方を変えています。

一昔前の「脳」や「心」についての学問が、現代社会を生きる私たちにどれくらい役立つでしょうか?

講師が若いことは、それだけ“時間持ち”であり、新しいルールや未来に好奇心が旺盛です。

この点は、皆様と同じ視点で最先端の知識や理論をお伝えする上で非常に重要だと考えています。

 
④ユーモアを大切にしている
「つまらないものはいやだ。」
そう思うのが人間の自然な働きです。

皆さんも学生時代、授業で記憶に残っているのは、真剣な授業でなく、笑いのあった楽しい授業でしょう。

私たちは講演会や講座が単なる最高の情報やエネルギーを届けるだけでなく、余生まで余韻の味わえる楽しい場所であることを一番に大切にしています。

 

のうここ のお客様の実績

  • プロスポーツ選手を指南、コーチングするようになった方
  • 仕事上の人間関係が改善され、日々の出勤が楽しくなった方
  • 理想の恋人を見つけるワークを実践し、1ヶ月以内に付き合うことになった方
  • 2か月先の予約まで満員御礼の大人気サロンに成長させた方
  • 今の仕事の使命を見つけた方
  • お金を受け取るマインドを整え、年8桁を達成した方
  •  “神”になるという目標ができた方
  • 退屈だった毎日が改善され、日々がWANT TO の人生になった方

 

“のうここ” の理念

 

我々の理念とは、

《最高品質のコーチの育成》です。

では、そもそも“コーチ”とは一体何でしょう?

というのも≪コーチング≫という言葉の意味は、世界であまりにもバラバラに使用されているからです。

 

日本最大級のコーチング会社は、コーチングの定義を

【ビジネスの業績向上に向けた、組織の成長を促すためのコミュニケーションツールである】

と明確に謳っています。

 

また、とあるコーチング会社は、コーチングの定義を

【適切な質問によりクライアントも自覚のない内なる“氣付き”を内発させるもの】

と説明しています。

 

我々は“コーチング”という言葉に含まれ得る意味を説明するにはどれも正しいと考えています。

大切なのは“コーチング”という言葉に含有される情報量の差だからです。

 

その上で我々が考える“コーチ”とは以下のものです。

 

【本当に必要な時に、必要な行動を真に自由にとることができるマインドの持ち主】

 

それは《理想を達成するための選択》が無限にある人を言います。

 

◆禁酒する

◆パートナーシップを改善する

◆自身の人生を舵を取って歩む

◆他人への心を変革する

◆組織の売り上げを上げる

◆世界の戦争と差別をなくす

◆世界を幸福で埋め尽くす

 

ありとあらゆるものがマインドありきの目標(ゴール)です。

本当に迎えたい大きな未来のため、今ここから必要な行動をマインドを携えて取ることができる…

それが我々の思う最高品質のコーチであり、人生のマスターです。

 

私たちはそんな最高のコーチを輩出し、世の中に豊かなマインド溢れる人生のマスターを増産すること、

そしてその最高のコーチたちのエネルギーで、世界に愛を拡げ続けることを理念としています。

 

“のうここ” のビジョン

 

全ての人が幸福に生きられる世界・宇宙”の創造。

これが我々の脳と心の研究所という組織の目標(ゴール)です。

ありきたりでしょうか?

ひとつひとつ見ていきましょう。

 

では “全ての人” とは何でしょうか?

“全ての人”とは、“世界および宇宙に存在する人たち”ということです。

そこには日本の人たちはもちろん、アメリカ、オーストラリア、シリアの人たちも含まれます。

そのゴールには、個人間はもちろん、国家間の紛争のニュースなどに対しても心が反応するマインドがあるいうことです。

 

では “幸福” とは何でしょうか?

我々は常に笑顔でテンションの上がった状態を幸福だとは考えていません。

 

春夏秋冬…

起承転結…

 

日本の季節や

物語の展開も様々なように

人生にもいろんな季節があり、いろんな展開があるからです。

 

その時々の人生で

笑い…

悲しみ…

怒り…

喜び…

の感情の中を豊かに生きていくこと。

 

これが“幸福”であると考えています。

 

“春”だけが幸せではないのです。

“春夏秋冬”セットでひとつのサイクルだからです。

 

“起”だけが人生ではないのです。

“起承転結”すべて含んで私たちの人生、物語だからです。

 

“喜怒哀楽”すべてが素晴らしいと心から思える一つ外の世界から観える感覚。

 

これが我々の考える“幸福”です。

 

手前味噌ながら、終わりなきゴールであると感じます。

なぜなら人が感じる幸福という感覚に際限はないからです。

 

その制限のない感覚世界への不断の追究と、その世界の実現に向けての歩みを止めることはあり得ません。

“全ての人が幸福に生きられる世界・宇宙”の創造。

これが私たちの胸に強く抱く、揺るぎないビジョンであります。